2022

髙山瑞 個展「やまびこ」|2022.4.17-4.30|galerieH

photo | 桜井ただひさ   

 

 今回の個展「やまびこ」では、余白に書かれる文字と図像の関係性に焦点を当てています。

 

 柔らかくうねり、時には鋭く引かれた線たちは、それぞれ意味を持つことがあります。それはひらがなであったり、絵と呼ばれるものであったりします。

 

 字を学び始めた幼い頃、教科書や黒板に書かれる文字をみて、「絵といっしょだー」と思いながら夢中でノートをとった記憶があります。教科書の頁には文字が書いてあり、その横に意味を示す絵がありました。往来してみることで両者を結びつけ、そこに音も加わって、私たちは文字を学んでいきます。互いに同じ意味を示すのに、かたちは全然違います。なのにたった数文字をみてそれがなにを示しているのか、どうして想像ができるのでしょう。

 

 あらゆる類するものたちを区別する線引きは、きっとその人がこれまでどんなものをみて、どんなことを学んできたかによって判断されるのだと思います。

 

 世界にはいつもわたしと何かがあり、わたしと誰かがいます。わたしは名前をつけて呼んで(読んで)みることでその対象を理解しようと試みます。

 

 教科書にあるような、文字と図像を結びつけるための往来。それは文字と図像の、どちらにもない本来の意味を求めての行為です。しかしどちらも空っぽな音の反響であり、やまびこでしかないのかもしれません。意味の所在を探す音がただ、こだましているのです。