2019

個展「 余白のありて 」|TAKAYAMA midori Solo Exhibition|2019.3.3-3.16|galerieH

TAKAYAMA midori Solo Exhibition|yohakunoarite|galerieH

photo | 桜井ただひさ   

線がある。やわらかな、硬質な線。 線はうねり、浮きあがり、旋回し、沈み、組み合わせにより膨大な意味を生み出す。そして同時にぴたりと、あるいはじわりと纏わりつくように辺りを満たすものがある。知らない言葉は聞くことが出来ないように、観えないものは知ることが出来ない。しかし確かにそこに“在る”と思われる。


 

今回の個展「 余白のありて 」では、文字通り “ 余白 ” に焦点を当てています。白い紙に一本の線を引けば、その紙の上には線が生まれます。それと同時に余白をも生み出しており、何もないまっさらな空間に一つの動作を置き加えるだけで、二つのものが生まれてしまいます。線を主とするならば、余白は真逆のもの、ないけれどもあるという状態です。

 

展示空間に点在する作品群は、文字あるいは記号を拠り所としています。古くから写され変化しつつも残されてきた言葉、その形、太さの強弱や筆の導線、輪郭、それらを土台にし、失われる線を用いることで“在る”ことと“見えなくなる”ことの境界を探っています。

 

文字を読むという行いは、一文字一文字時間の流れを区切ることであり、読めば読むほど自分の持っている時間は刻まれ、ばらばらと崩れてゆく感覚に陥ります。それは木を刻み、彫ることと類似しているように思います。樹は私たちの目に見える年輪として時間を溜め込み成長をしますが、過去の年輪は表面に見ることは出来ません。加えられるはずの線を削り取ることで、木の過去は露呈し、余白は浮き上がり姿を現します。

 

観ること観られること知られることが有であり生ならば、観えなくなることは、(イコール)無であり死であるのか。観えないもの知らないことは、だからといってそこにないとは言い切れないのではないかという事を、見つからない答えを探しながら考えています。



「 KEAT2019 」|2019.4.27-5.6|栃木県那珂川町小砂 石蔵

泉・根の国

2019